コーチングを学んで、子育てが変わった?

スタッフのつぶやき

こんにちは、おやこくらぶスタッフ、Nanaです。

ママのサードプレイス「おやこくらぶ」の運営に関わっているメンバーは、全員がマザーズティーチャー。
口コミだけで3万人以上が受講した、
子育てに役立つ、コミュニケーション講座「マザーズコーチングスクール」をお届けしています。

私たち、マザーズティーチャーは、自身の子育てでも
マザーズコーチングでお伝えしている内容を
日々実践しています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「コーチング」という言葉は、時々聞くけど
子育てにどう影響があるの?
効果があるの?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

そんな疑問をお持ちの方に、
コーチングを学んで、
子育てに役立ったなぁ、
こんな風に変わったなぁ、という変化について
おやこくらぶメンバーに聞いてきました!

1.子どもへの関わり方が変わった!

◆イヤイヤ、癇癪を『押さえつける』ではなく『何が伝えたいのか(お互いに)』を考え、伝わる方法を模索できるようになった。

◆なんで?という責めるような言い方が減った。

◆楽しかったことに一緒に目を向けるようになった。
以前は嫌なことばかり話していた娘が、今は自己肯定感の高い子、と言われるようになった。

◆心配のあまり子どもをコントロールしようとしなくなりました。

◆評価で褒めるのではなく、『その子自身』を褒めることを意識できるようになりました。

2.子育てに対する姿勢が変わった!

◆「子育ての正解」や「正しい母親像」を求めなくなり、苦しくなくなった。

◆子育てを長い目で見られるようになった。コーチングを学んでなかったら、虐待にはしったと思う。

◆子どもたちの「できないこと」ではなく、「できていること、できるようになったこと」に目を向けられるようになった。

◆“今”の子どもの言動にこだわることが減って、“過去”の子どもの言動と“未来”の子どもの成長の姿をつなげて考えられることが増えた。

◆アドバイスを受け入れて、自分の納得できる子育ての軸に置き換えられるようになった。

◆すべての土台は、「子どもと対等であろう」と思えるようになった。

3.自分自身の脳内トークが変わった!

◆子どもが自分の負の感情も言葉にして伝えてくれるようになったので、無駄に詮索する事が減った!

◆「こどもの話を聴く」を意識するようになったことで、決めつけが減りました。

◆○時までに○○しなきゃ、のような、〜しなければ!から解放されるようになった。

◆我が子に「勝とう」としている自分に気づくことができた。



これらのことを、すべてできているわけではありません。
ゼロではないけれど、〇〇が減った、と答えてくれた方が多かったです。

いつも100%できている、完ペキなママなんていないと思います。
マザーズティーチャーたちも、行きつ戻りつ、日々実践しています!

ご自身が少しずつでもこんな変化を感じてみたいなぁと思ったら、
私たちと一緒に学ぶチャンスかもしれませんね!

マザーズコーチングスクールの講座についても、気軽におやこくらぶまでお問い合わせくださいね。

マザーズコーチングスクール公式サイトを見る>>


おやこくらぶの最新情報を見る>>


(文:おやこくらぶライター Nana

コメント

タイトルとURLをコピーしました